夢見 油彦 の「ニッキはシナモン」

あかべこ

a0025532_1113469.gif

『あかべこ』
もともとは張子人形であり、体色の赤は魔避けの効果があるといわれている。
首と胴の接続に独特の工夫がしてあり、首の周りには余裕がとってある。
頭は胴体内に差し込まれる部分と振り子のようになっており、愛嬌のある
顔に触れると上下に左右に振り子運動を繰り返しユーモラスな動作が
しばらく続くようになっている。

『縁起』
大同2年(807年)、柳津町の円蔵寺には徳一大師が円蔵寺の虚空蔵堂を建立する際、
上流の村から大量の材木を寄進された。しかし、水量が豊富な只見川から材木を
運搬することは決して簡単ではない仕事だった。
人々が材木を運ぶのに難儀しているとどこからか牛の群れが現れ、
材木の運搬を手伝ってくれた。
重労働で多くの牛が倒れる中で最後まで働いたのが赤色の牛だったといわれている。

参照 Wikipedia

PRAY FOR FUKUSHIMA
[PR]
by toosam | 2011-04-29 11:08 | その他
<< もだん えがお >>