夢見 油彦 の「ニッキはシナモン」

ほんとうのこと

a0025532_23224486.jpg
青い空、木漏れ日、そよ吹く風の中、音楽が喜んでいる。
街の音のすき間を縫って自由自在に宙に舞う。
歩道を行く人の頬を撫で、肩を叩き振り向かせる。

つかの間の真実を残して
音楽は空に消えていった。








人気blogランキング
↑共感頂けたらクリックをお願いします。
[PR]
<< ごばん の め その弐 いこく の あじ >>