夢見 油彦 の「ニッキはシナモン」

いいこころもち

a0025532_1021938.jpg

気まぐれにめくっていた雑誌で見つけたそれは
とあるヨーロッパの農家の写真だった。

その部屋には高級な調度品があるわけでも無く
ただ使い込まれた家具や道具が
あるべき場所に置いてあるだけ。

だが、その空間は思わず深呼吸したくなるほどの
清々しさに溢れていた。

とりわけその中で私の心に留まったのは壁。
上手ではないが丁寧に塗られた漆喰は焦がした柱の上に
美しい模様を作り、この家に対する主の愛情が伝わってくる。

よく見ると梁や柱と壁の間にはすき間があり
冬はそれなりに厳しそうだけれど、それを受け入れてでも
住んでみたいと思わせる不思議な力がある。


そんな思いと共鳴する空間作りを信条に、素晴らしい仕事で
本当の「キモチイイ」を提供してくれるお店がVANILLA LEAF
「キモチイイ空間マイスター」とでも呼べばいいのか!?(笑)
友人であるこの店主の熱い思いに触れれば、日本の住空間の未来も
決して暗くない!と断言できる!…かも(笑)
そんな熱いブログはこちら→VANILLAな哲ちゃんの独り言
[PR]
<< おたのしみ しんじる もの >>