夢見 油彦 の「ニッキはシナモン」

おたのしみ

a0025532_11324062.jpg

頭を大き傾けて収穫の時を待つ稲穂を眺めながら
日々の道を自転車で風を切って走る。

日差しは強いが頬に当たる風が気持ちいい
強く漕げばうっすらと汗をかくが
爽やかな風がそれもすぐに乾かしてくれる。

着々と近づく秋を感じるこの頃
人はあれこれ秋の楽しみを思い
身体もまた秋への準備をはじめる。
食欲の秋。

でも昨晩聞いた「やきいも〜」の
売り声はまだ少し遠慮気味に聞こえた。






a0025532_11463690.jpg

北のまほろばから素敵な絵ハガキが届いた。
秋の収穫の喜びを力強く描いたこの絵に
人のあるべき姿を見るのは私だけだろうか。

ここより早く秋が訪れる北の地。長い冬が来る前。
つかの間ともいえる秋の楽しみは?
[PR]
<< いつか どこかで いいこころもち >>