夢見 油彦 の「ニッキはシナモン」

さわれない かたち

a0025532_1155267.jpg

足算ばかりの毎日では見えてこないカタチがある。

日常から引っぺがし取り去ったときに突然現れるカタチがある。

それはモノとモノの間だったり、ヒトとヒトの間だったり

手で触れることができなくても、確かに存在するカタチがある。

それを見つけた瞬間取り巻くモノは一瞬にして消え去る。


[PR]
<< おとの いろ きゅうじつ >>