夢見 油彦 の「ニッキはシナモン」

かお

a0025532_0231.jpg「グラスの底に顔があってもいいじゃないか!」画家岡本太郎の言葉だ。だれもダメだって言ってないんだけどこの押しが大事なんだろうなー、自分の内にあるものを外へ出すときは。私も日々の制作をこの押しをもって発信していきたいもんだな。「家にも顔があっていいじゃないか!」そう思って作られたのかな、そこのところを聞いてみたいものだ。お家の方、勝手に写真撮ってすいません「いい顔したお宅ですよ」。
[PR]
<< 天国てんこ盛り ことばとかたち >>