夢見 油彦 の「ニッキはシナモン」

せんのこと

a0025532_23147.jpg
手でまっすぐな線を引くのはほんとにむずかしい。小学校の頃、積み算のラインを定規で引きなさいと言われた。面倒くさいのと定規と手の関係がどうもしっくりこなくて定規で引いたような線を一生懸命手で書いてた。今思うとその方が面倒くさいと思うのだが。その後、絵を描くことを仕事にして言われることは「味のある線が良い」と。たしかに綺麗にまっすぐに引かれた線は潔いけど味気ない。それに比べて味のある線はこっちで突っかかりあっちでフラフラなんとも心もとないのだが見ていても楽しい。なるほど、味のある人間も同じようにして作られるのかなと、、、ならば実践するのみ!か?
[PR]
<< もじのこと 天国てんこ盛り >>