夢見 油彦 の「ニッキはシナモン」

<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

つごう

a0025532_1412737.jpg


夜遅く、街灯の下で男が何か探していた…。

警官:「何を捜しているんだね?」

男: 「この通りで財布をなくしたので、捜しているんです」

警官:「通りでなくしたんじゃ、この街灯の下で捜しても見つからないだろ!?」

男: 「ここのほうが明るいんでね」
[PR]

こらぼる

a0025532_23135529.jpg

7月1日のMOJO SAMライブの雰囲気を友人が
クールに切り取ってWeb上に公開してくれた。

クールな写真てんこ盛りブログINDEXLESSのmasamixさんです。
彼女の写真は日常の一瞬を切り取りそこに気配を封じ込めるという魔法で
撮られているのだと私は密かに確信しているのですが…。
とにかくこのコラボレーションを楽しませてもらいました。
masamixさんありがとう!感謝を込めてここに紹介させてもらいます。

コラボ写真は下記URLのサイトでかっこいいフラッシュムービーで
紹介されています。是非ご覧ください。

http://fotologue.jp/vagueness
[PR]

うみはひろいな

a0025532_1701814.jpg


ある船に火災が発生した。船長は乗客に海に逃げるよう指示した。

イギ○ス人には 「紳士はこういうときに飛び込むものです」
ド○ツ人には  「規則では海に飛び込むことになっています」
イ○リア人には 「さっき美女が飛び込みました」
○メリカ人には 「海に飛び込んだらヒーローになれますよ」
フ○ンス人には 「海に飛び込まないで下さい」
ロ○ア人には  「最後のウオッカのビンが流されてしまいました。今追えば間に合います」
中○人には   「おいしそうな魚が泳いでましたよ」
北○○人には  「共和国に帰らなくて済みますよ」
ポ○ネシア人は 黙ってても喜んで海に飛び込む。
日○人には   「みんなもう飛び込みましたよ」


注釈:このお話は特定の民族を揶揄、誹謗、中傷するものでは
決してございませんでもないかもございません…。
[PR]

さいせい

a0025532_23523245.jpg

記憶をテーマにした映画を2本観ました。

一つは「50回目のファーストキッス」ドリュー・バリモア アダム・サンドラー主演
交通事故に遭って以来、「前日の事をすべて忘れてしまう」という短期記憶喪失障害を
持つ女性に恋をしたために、毎日初対面としてアタックせざるおえない彼の奮闘と
その彼女を守ろうとする父と弟の優しさが、笑いと涙で心に沁みる秀作です。

そしてもう一つは「エターナル・サンシャイン」 ジム・キャリー 、 
ケイト・ウィンスレット主演
仲違いしたカップルの女性があるサービスを使って彼との想い出(記憶)を
全て消してしまい、それを知った彼は激怒して自らも彼女の記憶を消そうと
同じサービスに依頼するが、消去していく過程の中で次々に現れる二人が幸せ
だった頃の記憶。それを守ろうとする心が二人を再会に導く。
心の底で感じたものは表層の記憶や体験以上に人を動かすものだと改めて認識。
とにかく脚本がユニーク克つ秀逸の良い作品でした。

でもって記憶のことを考える今日この頃です。
[PR]
by toosam | 2006-07-11 00:27 | 映画

あ、

a0025532_114147.jpg

A woman's guess is much more accurate
than a man's certainty.

「女の推察のほうが男の確信よりもずっと正確なものである」

by Rudyard Kipling


[PR]
by toosam | 2006-07-04 01:19 | 格言

せなかあわせ

a0025532_1255417.jpg



「想像力は知識よりも重要である」


by Albert Einstein


[PR]
by toosam | 2006-07-04 00:49 | 格言