夢見 油彦 の「ニッキはシナモン」

<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

きた の くにから

心ワクワク!北海道経由で初めての青森へ(北海道南部は高校の修学旅行にて訪問済)!
目的はむつ市の友人(このブログで知り合った)頃子さんご夫妻を尋ねての旅行。
この度の旅行のきっかけは結婚30周年記念。
ならば「思い切って!まさかりへ!」の思いをピーチ激安チケットが大きく後押し!(^^;

a0025532_11194824.jpg
強い追い風に乗って30分も早く新千歳空港へ到着!まだ8時過ぎ!早っ!
早速レンタカーを借りて支笏湖へ(レンタカーの安さに驚く!)。
さすが北の大地!桜が満開やないの!快晴!吹く風爽やか!言う事無し。
湖畔のケーキ屋さんのテラスでお茶して、一路函館へ約300kmのドライブ。



a0025532_11202815.jpg
17時過ぎ函館到着。駅真ん前のホテルにチェックイン。早速に駅周辺探索。
駅前から出ている箱館山 山頂行きバスを見つけて乗車。普通の市バスなのにガイドさん付き!
薄暮の中しばし百万ドルの夜景待ち。輝く函館市街が素晴らしい!
うちの家訓「花より団子」の順序が逆になってしまったので急いで下山(爆)
お待ちかねの函館ビール〜♪雰囲気の良い赤煉瓦倉庫でピアノ演奏を聴きながら
「くぅ〜ッ、たまらんね!」「○○めっちゃ旨いやん!」これを果てしなく繰り返し
函館の夜は更けて行きましたとさ。



a0025532_11221441.jpg
そしていよいよ旅のメインイベントの地「まさかり」へいざ出向!「よーそろ〜!」
津軽海峡を順風満帆に渡るといよいよ「ご対面〜♡」
大間フェリーターミナルまで頃子さんが迎えに来てくれました。ありがとう!
コロさんの車で絶景を案内してもらいながら南下。お昼は気持ちの良い新緑の中で
手作りのお弁当でもてなしして頂き感謝感激!スゴく美味しかったよ〜!



a0025532_11223234.jpg
頃子さん邸に到着。車を拝借して夕暮れの恐山へ!
30分ほど山の方へ車を走らせるとド〜ン!とありましたこの景色。
もう少し時間があれば中にある温泉(無料!拝観料は要ります)に入りたかった。
戻りホテルにチェックイン。夕食は頃子さん宅にお呼ばれ(^^)/
目を見張るご馳走の数々は筆舌に難いので写真も控えさせて頂きます…。
皆さんに恨まれること必至!なので…(^^;
ご主人とは初対面でしたが歓待して頂き楽しい話にお酒が進み過ぎました(^^;
どのお料理もお酒もスゴく美味しかったです!ごちそうさま〜♪
コロさんGOさんありがとう!



a0025532_11224883.jpg
翌日はGOさんがホテルまでお迎え…恐縮ですぅ。
車で尻屋崎を案内していただき待望の寒立馬も激写!子馬がめんこいっ!
絶景を堪能して再びコロさん宅へ。プロの狩猟民族!?GOさんの獲物(山菜)尽くしの
お昼ご飯を頂き、大間フェリーまで送って頂きました。
「楽しとき夢のごとくに過ぎにけり 夢見で結いしこの縁(えにし)ゆえ」 油彦(^^;
何から何までお世話になって恐縮のミルフィーユ状態!ほんとうにありがとう!



a0025532_1123613.jpg
後ろ髪を引かれつつ北の大地へ取って返して、一路大沼公園へ。
ここでは民宿に宿泊。トイレ&洗面所は共用なのに2間続きの部屋にでっかい綺麗な風呂付き!?
おかげでゆったり出来ましたが…こんなの見た事無いな…しかも爆安!(^^;

翌朝、大沼公園遊覧船に乗り駒ヶ岳の形に驚嘆!一路洞爺湖に向けて出発!
走り出してすぐに若い外人の兄ちゃんヒッチハイカー発見!「旅は道連れ」と停めてみると…。
熊笹の中からゴソゴソ(怖)出てきました兄ちゃんのお父ちゃん!「二人かよっ!?」(^^;
聞いてみるとカナダから来て親子で日本縦断しているそうです(凄!)
洞爺湖までしばし歓談ドライブではあったが、実のところ通じてたのかどうか…?
お互い愛想笑いの微笑み返しやったかも(爆)

洞爺湖で別れて私達は一路千歳へ、レンタカーを返しホテルへ。
この度最後の夕食は居酒屋にて地元の食材料理に舌鼓!
初めて食べた「鰊の活け造り」脂がのってめちゃ旨!
そして呑む食べるの無限連鎖で千歳の夜は更けたのじゃ〜。

全行程を晴天に恵まれ、また待望の友との再会も果たし
心に残る大切な想い出がいっぱいの素敵な旅になりました。
全てに感謝!!!!!
[PR]

おにわらう その弐

a0025532_113028100.jpg

干支藍染め布のデザインをさせて頂きました。
来年は巳年。へびのモチーフは怖くなってしまうのでなかなか手強い(^^;
例年に倣って親子のヘビとさせて頂きました。

『母子蛇と福鈴』

古来伝承には「蛇は財宝を蓄え護る」といわれるものが多く
吉祥動物として大切にされてきました。
十二支の巳は草木の成長が極限に達して
次の生命が作られ始める時期の意味とされ、
後に十二支伝搬のために分かりやすい動物の
蛇が割り当てられたようです。

『鈴』古来よりは呪力があるとされ、神事や装身具として
用いられてきました。
また綺麗な音は邪悪なものが嫌がるとの所以より
「場の浄化」をする時に鳴らすと良いといわれます。

プロデュース by ウイルビー株式会社
[PR]

おにわらう

a0025532_14345471.jpg

2013年の干支カレンダー風呂敷のデザインをさせて頂きました。
サイズ:48cm×48cm
素材:綿100%

これからの販売になりますので
お店で見かけられた折にはぜひ手に取ってご覧下さい。

プロデュース by 山田繊維株式会社
[PR]