ひかり の はな

a0025532_0241062.jpg
目も眩むほどの光の中。
それぞれの花の輪郭や色の境界がどんどん溶け合っていく。
目を凝らして見ようとすればするほど、ピントは曖昧になっていく。

ならば、見ようとせず感じればいいんだ。
感性のピントを合わせて感じればいいんだ。

何事も説明がいるとは限らない。
曖昧なものを曖昧に受け入れる心地よさを謳歌したい。
この春に。









人気blogランキング
↑お気に召せばクリックお願いします。
[PR]
トラックバックURL : https://toosam.exblog.jp/tb/1899399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by inariwan2 at 2005-05-03 05:47
先日の「ちゅーりっぷ」のような、ふぁっとした感じも良かったし、これも好きです。
Commented by toosam at 2005-05-03 11:24
>> inariwanさん、写真でもこういうのありますよね。
ハイキーな感じで実態が曖昧だけど雰囲気があるのって。
そんな写真もまた見せて下さいね。
Commented by gaiaship at 2005-05-03 12:22
こんにちは。う~ん、太陽がいっぱい! 好きです。光を感じるもの。
「曖昧なものを曖昧に受け入れる心地よさを謳歌したい」・・・本当に。豊かさがそこにあると思い出し、生き直してま~す。
Commented by toosam at 2005-05-03 14:15
>> gaiashipさん、光を感じるものは素敵ですね!
「曖昧なものを曖昧に〜」←どうも根が大ざっぱなもので(爆)
Commented by midorimagu at 2005-05-04 00:03
toosamさん こんばんわっ♪
ひかりのなかでお花を見るとこんな感じですね。
記事にもあるように目の前がクラクラしてハイキーな感じ、
曖昧って表現も素敵ですね。
目の前でお花がチカチカしている様子、とっても綺麗な表現で描かれていますね。
素晴らしいです~♪
Commented by toosam at 2005-05-04 11:08
>> midorimaguさん、写真をされている方は皆さんとても
光に敏感ですよねー。自由自在に光を操って表現されてる
写真を見るとすごく刺激的で創作意欲がムクムク(笑)
by toosam | 2005-05-03 00:26 | デザイン | Trackback | Comments(6)

夢見 油彦 の 思いつくまま気まぐれ気ままひとりごと


by toosam