すてき な ひとびと

a0025532_0391971.jpg
いつもながら遅れ遅れてレンタルで映画観賞。
今回は「永遠のモータウン/ファンク・ブラザーズ」。

耳になじみのヒット曲の数々、
そして大好きなシンガー達。
今まで知っていたはずのモータウン。

この映画ではそのサウンドを一手に引き受けていた
天才的な職人バックミュージシャンにスポットが当てられている。
各人のエピソードとともに語られる当時の音楽制作現場や世相に
新しい発見が沢山あった。

時代のうねりがそこへ向かわせたともいえるが、
この時期にこれほどのコンポーザーやミュージシャンが一丸となって
成しえた功績はほとんど奇跡といえる。

すでに2回観たが2回とも「ワッツ・ゴーイング・オン」のくだりまで
来ると込み上げてくる涙を押さえられなかった。

何と素晴らしい人たち!音楽を手がかりに繋がった強い絆。
「音楽は人種や国を越える」と言うが、そう簡単なことでは無い。
音楽は人そのもの。その人がどういう思いでそれに向かい合い
どのように人と関わるかで結果は大きく違ってしまう。

映画の中でミッシェル・ンデゲオチェロが言っていたように
「素晴らしい先人からは学ぶべきことが沢山ある、
なぜなら彼らは人としても偉大だから」に、また涙。

素晴らしい宝物をありがとう。
ファンク・ブラザーズに敬意を表して。
[PR]
トラックバックURL : https://toosam.exblog.jp/tb/1945820
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from まさかり半島日記 at 2005-11-08 21:02
タイトル : ♪永遠のモータウン♪
午前中、鉢を中に取り込んで良かったです。 昼から少し雨降りになり、今は凄い強風です。 丁度いいタイミングでした。今夜は気温がどの位まで下がるのでしょう。 鉢の数を数えたら40個以上でした。増やさないでいようと思ってもね… さて、♪永遠のモータウン♪のお話です。この映画見たかったのですが、青森まで行かないと見れず、さらにビデオショップに2回行っても入れてないと言われショックでした。 9月に娘が帰省した時、強制的にお土産としてお願いしました。 買って来てくれたのはいいのですが、日中は見るこ...... more
Commented by midorimagu at 2005-05-19 02:12
こんばんわっー!

「永遠のモータウン/ファンク・ブラザーズ」是非、観たいです~~
マーヴィン・ゲイ、スティーヴィー・ワンダー、ジャクソン5、ダイアナ・ロス&シュプリームス 凄いアーティストの生みの親なんですね。
因みにダイアナ・ロスのショーは観ました。感動ものでしたね。
また、誰と言わず大好きなアーティストばかりです。
ヴォーカリストの卵たちに「スターのようにふるまえ」と教えていた。
と言んですが偉大な方ですね。そして、自信を付ける事と言う事が
大事ですね。
一部、(検索参照)ですが...
素晴らしい映画を観ると人生が豊かになった気分になりますね。
toosam さん感動のひと時過ごされ良かったですね♪
Commented by koro49 at 2005-05-19 07:35
そうそう、この映画観たいのです。
ここには映画館がないので、遠く青森まで行かなきゃ観れない…
誘われたけど行けなかった…
モータウンサウンド♪私の音楽の基礎の一部分です。
あの頃の音楽を聴くと、胸が締めつけられることがあります。
夢見頃子の土台の一部だもんな~。
おすそう、「Ray」も未だ観てない。観たいです。
Commented by inariwan2 at 2005-05-19 07:42
あー、ボクも「レイ」見たいっすねぇ♪
Commented by shiporinrin at 2005-05-19 08:49
観てみたい映画が、また増えてしまいました、、、
Commented by tkouzan at 2005-05-19 10:43
私もこの時代の音楽が大好きですー。
黒人の作る音楽って絶対に他の人種では真似できないですよね。
Commented by nasuka99 at 2005-05-19 15:40
そうですよね~、黒人の人たちのリズム感ってスゴイです!
そういえば・・・どこかでも書きましたが、
一昨年外国の若者と日本人の若者の交流会で椅子とりゲームをしたんですが、
音楽に合わせて椅子の周りをまわるとき、
ガイジンたちのは「ダンス」、
日本人のは「盆踊り」でした(^_^;)
どこが違うんでしょうかねぇ・・・???
Commented by toosam at 2005-05-19 16:56
>> midorimaguさん、ぜひ観て下さい!
音楽ってやっぱり人なんだな〜と実感すること請け合い。
Commented by toosam at 2005-05-19 16:59
>>頃子さんの土台の一部でしたかー(嬉)。
いいよねーあのサウンドは。レンタルしてでも是非観て下さい。
Commented by toosam at 2005-05-19 17:01
>>inariwanさん、私もまだですよー。
家内と娘はロードショーで観たそうです。とほほ。
Commented by toosam at 2005-05-19 17:02
>> shiporinrinさん、ぜ〜ひ観てください!
お宝!お宝!(笑)
Commented by toosam at 2005-05-19 17:07
>>nasukaさん。はは、ほんとそうですねー。
黒人は二拍めにビートを入れるけど
日本人は一拍めに入れて二拍めは手をこする(爆)
Commented by toosam at 2005-05-19 17:10
>> tkouzanさんもお好きですかー!嬉しいなー。
時代を越えて生きていくモノはほんとに素晴らしい!
Commented by 2of4report at 2005-05-19 18:31
えー、そうなの?最近ずーっと映画見てないの!
「ヮッツ、ゴーイング、、、」はもちろんマービングゲイなの?きゃー!興奮してしまいます。観たい見たい看たい診たい。
Commented by ikkoman at 2005-05-19 20:34
ワタクシメ、映画は1年以上みてないです。とほほ。
一番最近のヤツが、トム・クルーズのラストサムライであります。
ブラック・ミュージック? ほどんど無知でありました。
Commented by toosam at 2005-05-19 22:58
>>2of4reportさん、この映画では残念ながらマ−ヴィンではなく
チャカカーンが歌ってます(笑)。バックの演奏にグッと来ますよ!
ちなみに私のフェイバリットはサムクックとマ−ヴィンゲイです。
Commented by toosam at 2005-05-19 23:07
>> ikkomanさん、私はラストサムライはまだ見てません。
良かったですか?
ブラックミュージックと言ってもサウンドメイキングには
白人も加わっていてそこが音楽の懐の広い所ですねー。
当時のR&Bやソウルのバッキングは全部白人というのも
けっこう多いですよ。たとえばマッスルショ−ルズスタジオ
などはその良い例です。黒人より黒人ぽい音(驚きです)。
Commented by ikkoman at 2005-05-20 22:24
ラストサムライ。う~ん、まずまずってとこでしょうか。
もう内容を忘れちゃってたりして・・・。
小雪さんがキレイでしたね。オイオイ、それぐらいかって。

ブラックミュージックって、白人が加わってる?
あれま。知りませんでした。
ジェームス・ブラウンとかいましたよね。あれもそうですかね。
ドリフターズっていませんでしたっけ。
Commented by 2of4report at 2005-05-21 00:26
サムクックもいいですよね。薄ピンクのシャツを着て斜め左上をみつめてるLP!なんだっけ?いや~。マービンゲイさまをお好きって、そりゃあ、バーバレラがお好きなら、納得!女性の心だけでなく、多分男性?の心も魅了するなんて、ヨイですね。
Commented by toosam at 2005-05-21 00:42
>> ikkomanさん、JBのバックバンドでも時期によって白人いますよ。
JB'sはみんな黒人ですけどね。
ドリフターズ!渋いとこ攻めますねー(笑)
最近話題のシャールウイダンスで使われてる
「ラストダンスは私に」や「スタンドバイミー」で
おなじみのベンEキングのグループですよね!
好きです。この2曲は次回のライブでやる予定です(笑)。
Commented by toosam at 2005-05-21 01:11
>> 2of4reportさん「ライブ・アット・ザ・コパ」でしょ。
両極の手触りですが「ハーレム・スクエアー・ライブ」と
共に名盤ですね!泣ける!
Commented by koro49 at 2005-11-08 21:06
ファンク・ブラザーズにようやく会えました!
TBしました~!
Commented by toosam at 2005-11-09 11:49
>>頃子さん、ようやく逢えましたか〜(笑)
お宝がまた一つ増えたね!
人間ってスゴイと思うこの頃です(笑)
by toosam | 2005-05-19 00:42 | 音楽のこと | Trackback(1) | Comments(22)

夢見 油彦 の 思いつくまま気まぐれ気ままひとりごと


by toosam