あったまろ

a0025532_14322742.jpg

邦題「フェティッシュ」
この映画を観たのはずいぶん前になるが
96年に上映されたこの映画、内容は殺人現場専門の掃除屋の話しで
設定も?だけどサスペンス仕立てのブラックユーモアに
くすっと笑える佳作だったと思う。

そんなこともずーと忘れてたけれど、たまたま中古CD屋でこのサントラを
見つけたらなぜだか無性に聴きたくなった。
もちろんどんな音楽が使われてたかも忘れてしまっていたが…。

そして聴いてビックリ全編ラテン!
それもメインストリームではないちょっと外した選曲。
Cool!! いや、Hot!! (爆)これには参った!
暖まるんだな〜これがまた。
最近はもっぱらこれで暖まってます。
[PR]
トラックバックURL : https://toosam.exblog.jp/tb/3095233
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by koro49 at 2006-01-27 17:23
ああ、暖まりますか~!
私は、「博士が愛した数式」のサントラ盤どうしても欲して、自分へのご褒美(良くやる手♪)ゲットに行ったら、品切れで1週間待ち。
で、アマゾンに発注しました~♪
Commented by toosam at 2006-01-28 23:33
>>コロさん、お〜っ!注文したんだー!
例のご褒美攻撃で!(笑)
こりゃ、また暖まるな〜!
Commented by hamster paso at 2006-02-15 21:01 x
ああ、懐かしい!「フェティッシュ」、見ましたよ!
あれはどこの国の映画だったのでしょうね~???
今、頭の中にフェティッシュのシーンが蘇ってます!!
Commented by toosam at 2006-02-15 23:07
>>pasoさんも観ましたか〜!あれはアメリカの映画ですね。
主人公は南米コロンビア出身の女の子だったと思いますよ。
なかなかのブラックユーモアだったでしょ、ラストシーンなど(笑)
by toosam | 2006-01-27 14:54 | 音楽のこと | Trackback | Comments(4)

夢見 油彦 の 思いつくまま気まぐれ気ままひとりごと


by toosam