つややか

a0025532_1111177.jpg
a0025532_1113017.jpg


最近各メディアでよく取り上げられている京都の伝統産業
「北山磨き丸太」通称:北山丸太。
関連新聞記事:こちらから

この北山丸太。
苗木から丹念に枝を払い、手を掛けて真っ直ぐに育てた杉の樹皮を
きれいに剥ぎ、寒風の中で砂と手で磨き上げるとあの独特の艶が生まれる。
従来は高級木材として数寄屋建築、床柱などに使用されていましたが
生活環境の変化から近年需要が大きく落ち込み存亡の危機と言っても
過言ではない状況だそうです。

そこで新しい活用販路を探るプロジェクトとして産学協同で開発された
特殊染料を使って表面を染色したり絵を描こうという取り組みが発足。
本来そのままの艶が最大の魅力である北山丸太の表面に大胆にも色を
塗ったり絵を描こうと言うのですから大きな冒険なのは間違いありません。

しかしその考えから一歩踏み出さないと次代のニーズは見えないと
言うことで敢てタブーを犯すことに。それだけに関わる責任も重く
頭を悩ませています。

今始まったばかりのこの取り組み今後の展開にご注目ください。
皆さん良いアイデアがありましたらぜひご一報を!

上の画像は私の提案の一部で現在この中から製作中です。
[PR]
トラックバックURL : https://toosam.exblog.jp/tb/6727790
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by koro49 at 2008-01-28 13:36
う~ん、難しいお仕事ですね。
北山杉って、そんなに生産量が落ち込んでいたんだ。
先日NHKの9時のニュースだったと思う。
佐藤可士和さんが今治タオルへのアドバイスを頼まれて、それに出した答えが、シンプルな白のタオル。
で、5秒ルールだったかな?を作って、切れ端を水に落としたら5秒以内に沈むこと、つまりは吸湿性、タオル本来の目的を追求して生まれたのが模様も何もない「白いタオル」
大きさにもよるけど1万円のものもあるとか。
それが都内のデパートで「今治タオル」としてブランド化されて売れ行き上昇。今年は他のデパートでも扱うって。
外国産の安いタオルにはない、タオルに本来に必要なものを求めた結果だったんだよね。もちろん、生産者も品質の向上に努力しての結果だけど、地域ブランド確立には何が大切なのか、ちょっと考えた。

Commented by koro49 at 2008-01-28 13:37
続き
で、北山杉に彩色を施すのは個人的には北山杉が可愛そうと思ったけど、でも、このままでは北山杉に関わる人たちにとっては危機だよね。
夢アブさんのデザイン、シンプルでどれも素敵だけど、この中で敢えて選ぶとしたらBの1.
理由は北山杉の持つ「和」のイメージを感じるから。
Bの3はグラデーションになってるかな?
使う長さによっても、デザインは変化するかも知れないけど、出来たら彩色してもなお、北山杉のイメージを感じさせてくれるのがいいかな?って、「頃子亭書きたい放題」^^;
でも、使い方でおもしろそう♪

↓すっかり遅くなったけど、
>「求めて行く」
何故かストイックな求道者のイメージだけど、ご本人はそのイメージからはかけ離れているよね~♪^^多分
私は「平」にしました♪
Commented by toosam at 2008-01-28 14:15
>>頃子さん、ありがと〜!こういうコメント嬉しいな〜!
「言いたい放題」熱烈大歓迎ですよ!!
タオルの話、私も聞いてました。地域ブランド確立の方法として
ある意味王道だと思います。まず地産品に注目を集めることが
必要です。そのための旗印として既存の安価な同種品とは
一線を画した最高級品が必要ということですね。
その認知が成功するとその直下層の「中級品目」の購買を
訴求でき、ここが実質的な利益の要になる。
そこまで行ってこそ名実ともに地域ブランドの確立と言えるんでしょうね。

北山杉に着色?
私も含めみんな異口同音「そのままで極めて美しいものをなぜ汚すの?」
それには今もって答えは出ていません。
「着色するとすれば…」という前提で最善を模索している状態です。
>出来たら彩色してもなお、北山杉のイメージを感じさせてくれる
全くその通り!そこが肝ですね〜。
これを進めつつ私自身の腹案として着色以外の方法も提案する
予定でいます。(持ち味の艶はそのままに表面の後加工は無し)
さて今後の動向にご注目を!
Commented by koro49 at 2008-01-28 17:46
あっ、ちょっとひらめいて戻ってきました♪
北山杉の地肌を生かしつつ、夢アブさんのデザインとコラボ。
つまり、一部分にデザインを入れる。
そのデザインの形もそれぞれ。
デザインを入れる場所、分量は使う場所によって変化。
   頃子@書きたい放題爆走中^^
Commented by studio-tsumugi at 2008-01-28 20:59
北山杉、美しいですよね。 
知り合いに全国の山を知った人がいますが、遠い目で話されています。
床柱、天然絞り丸太、海布丸太など、かつては銘木と大切に育てられた
材木の価値が落ちています。
今では和室のまったくない家も多くなりました、特に都会は…
タブーを犯す難しさ、銘木であればあるほどですね。
Commented by toosam at 2008-01-29 00:54
>>頃子さん、そうだよね全体に入れたら持ち味もなにも
あったもんじゃないもんね。あくまで生地を生かすことが大切!
現実味のある話しとしてはオートクチュールなオーダーに応じて
ピッタリ合うものを制作する工芸品的な物になるでしょうね。
暴走大歓迎!どんどん突っ走ってちょ!(笑)
Commented by toosam at 2008-01-29 00:59
>>tsumugiさん、その通りなんですよね〜。
さて今回は染色という試験的な試みですが
なにか他に北山杉の起死回生のグッドアイデアありませんか?
建築の専門家の立場でのご意見をお待ちしております〜。
Commented by inariwan3 at 2008-01-29 20:48
ほほう、太さ・長さ・大きさがいまいちつかめませんが、2本をつなげてヌンチャクってのはいかが?
( ^^)P☆(xox)ポカッ
Commented by akikuma at 2008-01-29 23:04 x
実物を見てみたい!!!
木が好きな私にとっては、興味津々。

時には冒険も必要ですよね。
冒険することにより、本来の良さを改めて知るとか・・・。
そういうのってアリですよね~(^^)


Commented by toosam at 2008-01-29 23:29
>>inariwanさん、あれを振り回せるのは超人ハルクくらいかな(爆)
ヌンチャク、アイデア帳に登録!(笑)
Commented by toosam at 2008-01-29 23:31
>>akikumaさん、えりゃ〜冒険というか暴挙に近い?(爆)
でも木の温もりはほんとにいいよね〜。
今後の展開にご注目を!
Commented by nasuka99 at 2008-01-30 13:17
おっ、魔鏡に続く新プロジェクトですね!
こういう丸太でトーテムポールを作って、
家の門に飾る・・・というのも魔除けになっていいかも??
鳥取の東部でも、杉が名産の地域(智頭町)があるんですが、
お人形を作ったり、彫刻を作ったり、色々と活動しておられます。
個人的には、木造の家って好きなんですけどね~
今は、大手住宅会社のハリボテ??みたいな住宅が主流なのかなぁ・・・
なかなか、100年住める家って望まなくなりましたよね。
代々受け継ぐことを考えなくなりましたもんね。
でも、いいものはきっと残っていきますよね!
Commented by toosam at 2008-01-31 01:30
>>nasukaさん、魔よけ!ね〜、それもいいかもしれない!
それに風水も取り入れて(笑)
杉の産地も全国にあるようなので特徴付けが難しいね。
最近のあのハリボテは私も頂けないな〜。
とかいいながらコンクリートのマンション暮らしですがorz
Commented by harunoyokihi06 at 2008-02-02 23:51
お久しぶりです。
またまたすばらしいプロジェクトですね!
そういう時代なのですね。
今治のタオル工場・・・夫が仕事で見学してきてタオルのマフラーやガーゼ、エプロンをお土産に買ってきました。
輸入のものよりかなり値は張りますが、風合いが違います。
洋服もあるようですが着て見たいです。

だから本物はこんな風にデザインされても必ず物のよさが分かるように思います。
私はA-3かB-1がいいなあ~。一つといわれたらやっぱりB-1.
Commented by toosam at 2008-02-03 00:41
>>momoさん、ありがとう!ほんと試行錯誤の時代ですね〜。
本質は何かをしっかり見つめて考えないとだめですね。
お好みはB-1ですか?では一本プレゼント!……
とはいかないのが難点(笑)
今後の動向に期待して下さいまし〜。
by toosam | 2008-01-28 11:45 | デザイン | Trackback | Comments(15)

夢見 油彦 の 思いつくまま気まぐれ気ままひとりごと


by toosam
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る